Automation Anywhere A2019 トラブルシューティング – OCR結果の先頭にあるゴミは何?

Automation Anywhere A2019 トラブルシューティング – OCR結果の先頭にあるゴミは何?

今回の内容は、実行時エラーのトラブルシューティングではありませんが、OCR機能を使うときに知っていると悩まなくて済む情報ですので紹介します。 OCR結果の先頭にあるゴミは何? ■現象 OCR機能を使ってキャプチャした文字をメッセージボックスで確認したところ、先頭文字が「□」で表示されました。キャプチャ領域としては、下記のような枠内に印字された数字の範囲を指定しています。...
Automation Anywhere A2019 トラブルシューティング – OCR結果の先頭にあるゴミは何?

Automation Anywhere A2019 トラブルシューティング – スプレッドシートが見つかりません

製品仕様による制約から発生する実行時エラーは、原因が判明するまでに時間が掛かる場合が多いと思われます。「Automation Anywhere A2019 トラブルシューティング」では、実行時エラーの事例を紹介します。 スプレッドシートが見つかりません ■現象 セッション名を「Taiouhyo」としてExcelをループの中で読み出す処理がエラーになりました。 ■原因...
シー・システム、「大阪府DX推進事業」の発足パートナーとして参画

シー・システム、「大阪府DX推進事業」の発足パートナーとして参画

大阪府、中小企業のDX支援でIT企業20社とのマッチングプラットフォームを立ち上げ  シー・システム株式会社(所在地:大阪府大阪市北区、代表取締役:森下 康夫)は、大阪府(本庁:大阪府大阪市中央区、URL: http://www.pref.osaka.lg.jp/ )が2020年3月18日に発表した「大阪府デジタルトランスフォーメーション(DX)推進事業」を支援するための「大阪府DX推進パートナーズ」の1社として参画し、大阪府内の中小企業が抱えるIT課題の解決を支援していくことを発表します。...
Automation Anywhere A2019 トラブルシューティング – OCR結果の先頭にあるゴミは何?

Automation Anywhere A2019 フォルダにあるファイル名称どうやって取得するの?

フォルダ内のPDFファイル全てを対象に、1ページずつのファイルに分割するBotを作ったとき、日本人ならでは(?)の失敗をしたのでメモしておきます。 失敗例 下記がアクションリストの全体概要です。実行してもファイルが分割されませんでした。4行目と9行目で、ディクショナリ変数から値を取得するときのキーに「拡張子」や「名前」といった全角文字を指定しているのが失敗の原因だったのですが、なぜ失敗してしまったのか以降で具体的に説明します。 「ループ」アクションで反復子に[フォルダの各ファイルに対して]を設定しています。...

Pin It on Pinterest