大阪府、中小企業のDX支援でIT企業20社とのマッチングプラットフォームを立ち上げ

 シー・システム株式会社(所在地:大阪府大阪市北区、代表取締役:森下 康夫)は、大阪府(本庁:大阪府大阪市中央区、URL: http://www.pref.osaka.lg.jp/ )が2020年3月18日に発表した「大阪府デジタルトランスフォーメーション(DX)推進事業」を支援するための「大阪府DX推進パートナーズ」の1社として参画し、大阪府内の中小企業が抱えるIT課題の解決を支援していくことを発表します。

 これまでAI・IoT等を活用した生産性向上やイノベーション創出の促進に取り組んできた大阪府では、この取組みを拡大して、府内中小企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進することとし、日々の業務でお困りごとを抱える府内中小企業と、データやデジタル技術を活用して解決策を提案できる企業(「大阪府DX推進パートナーズ」)をつなぐプラットフォームを立ち上げました。

 シー・システムでは、このプラットフォームの立ち上げにあたり、AIを中心に、IoT、BIやRPA等を含めたソリューションを有する19社とともに参画し、大阪府と新たに「大阪府内の産業振興に係る連携・協力に関する協定書」を締結しました。

 このプラットフォームでは、府内中小企業がお困りごとを提示することにより「大阪府DX推進パートナーズ」とつながることができます。プラットフォームにはソリューションを有する多様な企業が参画しているため、当日の参加企業同士で一期一会のマッチングを行うミートアップ形式に比べ、マッチング成立の可能性が高まることが期待されます。

 シー・システムでは、システム開発で培ったノウハウを始め、最近ではRPAやAI開発での技術力も評価され始めました。
今後、さらなる府内中小企業の多様なニーズにこたえられるよう、これまで30年以上培ったノウハウや最先端の技術を用い、府内企業のさらなる発展に貢献できればと考えています。

※大阪府の発表
http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=37689
※大阪府DX推進パートナーズ
http://www.pref.osaka.lg.jp/energy/dx/dxpartners.html

Pin It on Pinterest

Share This