Automation Anywhere 開発環境をV11からA2019に変えるときの心構え – タスク間で値の受け渡しはどうやるの?

Automation Anywhere 開発環境をV11からA2019に変えるときの心構え – タスク間で値の受け渡しはどうやるの?

開発環境を変更するときの学習コストは、できるだけ抑えたいものです。「Automation Anywhere 開発環境をV11からA2019に変えるときの心構え」では、これまでV11の開発環境を使っていた筆者が、A2019を使い始めて気付いた事を中心に説明しています。 概要 V11では、タスク間の値の受け渡し定義は、メインタスクで定義した変数とRun Taskで呼び出すサブタスクで定義した変数とを関連付けする方式でした。...
Automation Anywhere 開発環境をV11からA2019に変えるときの心構え – タスク間で値の受け渡しはどうやるの?

Automation Anywhere A2019 環境構築 – Community Edition(その2)デバイスの初期設定

無料で使えるバージョン「Community Edition」を使って、A2019の環境構築手順を紹介します。「Community Edition」は、中小規模事業者、開発者または学生が利用可能(※1)です。 (※1)利用条件の詳細については、「Community Edition」のダウンロードサイトを参照してください。 [目次] [その1] [その2] [その3] デバイスの初期設定 (その2)では、デバイスを初期設定する手順を紹介します。...
Automation Anywhere 開発環境をV11からA2019に変えるときの心構え – タスク間で値の受け渡しはどうやるの?

Automation Anywhere A2019 環境構築 – Community Edition(その1)利用申請~アカウントの設定

無料で使えるバージョン「Community Edition」を使って、A2019の環境構築手順を紹介します。「Community Edition」は、中小規模事業者、開発者または学生が利用可能(※1)です。 (※1)利用条件の詳細については、「Community Edition」のダウンロードサイトを参照してください。 [目次] [その1] [その2] [その3] 利用申請~アカウントの設定 (その1)では、利用申請からアカウントの設定までの手順を紹介します。 (1)ダウンロードサイトで必要事項を入力して[GET FREE...
Automation Anywhere 開発環境をV11からA2019に変えるときの心構え – タスク間で値の受け渡しはどうやるの?

Automation Anywhere A2019 環境構築 – Community Edition(その3)動作確認

無料で使えるバージョン「Community Edition」を使って、A2019の環境構築手順を紹介します。「Community Edition」は、中小規模事業者、開発者または学生が利用可能(※1)です。 (※1)利用条件の詳細については、「Community Edition」のダウンロードサイトを参照してください。 [目次] [その1] [その2] [その3] 動作確認 (その3)では、簡単なボットを作成して実行し、環境設定がうまくいったことを確認する手順を紹介します。 (1)[BOT]メニューから[マイBot]を選択します。...
Automation Anywhere 開発環境をV11からA2019に変えるときの心構え – タスク間で値の受け渡しはどうやるの?

Automation Anywhere 開発環境をV11からA2019に変えるときの心構え – 「My Scripts」フォルダはどこにいった

開発環境を変更するときの学習コストは、できるだけ抑えたいものです。「Automation Anywhere 開発環境をV11からA2019に変えるときの心構え」では、これまでV11の開発環境を使っていた筆者が、A2019を使い始めて気付いた事を中心に説明しています。 A2019でVBScriptを呼び出すBotを作ろうとしてまず困惑したことは、「My...

Pin It on Pinterest