BizRobo! CSVをExcelに変換する方法

BizRobo! CSVをExcelに変換する方法

BizRobo! で扱うデータは、CSVを使用することが多いですよね。 CSVは単純な処理には有効ですが、Excelに変換を行いExcelの各ステップやExcel関数等の活用により、色々な処理が可能になります。 そこで今回は、CSVをExcelに変換する方法を紹介します。 ※本ロボットを作成用のデモデータ「社員名簿.csv」「社員名簿.type」ファイル⇒社員名簿 ※このページの内容はBizRobo! Design Studio 10.4.0.1で確認しています。 作成するロボット typeの作成...
BizRobo! CSVをExcelに変換する方法

BizRobo! 平日を判定する方法

社内システムの稼働日又はデータ取得日に合わせてロボットを稼働することが多いですよね。 今回の内容は、例として社内システムに合わせて土日祝日以外の平日に実行するロボットを作成する方法を紹介します。 ※このページの内容はBizRobo! Design Studio 10.4.0.1で確認しています。 作成するロボット typeの作成 下図の様にtypeを作成を行い、ロボットに変数設定を行います。 平日判定ロボットの作成 1.変数の割当ステップの作成...
BizRobo! CSVをExcelに変換する方法

BizRobo! Excelを行番号の降順に読み出して、値がある最初の行を見つける方法

Excelを行番号の降順に読み出すときの設定を紹介します。 ※このページの内容はBizRobo! Design Studio 10.4.0.1で確認しています。 「Excel内ループ(Loop Raws)」アクションでループバック機能を活用しよう! 【ケーススタディ】 Excelに日々のデータを記録する運用を行っている管理表から、直近で記録したデータを取得するケースを題材にします。管理表は、あらかじめ日付が入力してあって、データのみ日々記録していく運用とします。...
BizRobo! CSVをExcelに変換する方法

BizRobo! Excelからデータ抽出時に空欄を検知してループを終了する方法

今回の内容は、Excelデータを一行目から順番にループし、データを抽出する際にデータがないセルを検知してループを停止する方法を紹介します。 ※このページの内容はBizRobo! Design Studio 10.4.0.1で確認しています。 「値判定(Test Value)」を活用し、「空白」を検知しよう! 【課題】 Excelデータを行ループを使い「A2」から「A11」までのデータを抽出し、CSVファイルに出力するロボット作成したが、通常通りの設定すると、データのない「A12」以降もループが止まらない。 【対策】...

Pin It on Pinterest