BizRobo!によるロボット作成において、Webシステムを使用することが多くまた、複数のWebシステムを操作することが有りますよね。
Webシステムは、DSよりもChromiumやDAエンジンを使い作成することが多いため、今回は、Chromiumにて複数のシステムを操作する方法を紹介します。

※このページの内容はBizRobo! Design Studio 10.4.0.1で確認しています。

作成するロボット

ロボット作業手順
スプレッドシートとyahoo地図検索を同時にChromiumエンジンを使用し作成を行います。
(Excelにて作成可能ですが、複数のWeb画面を操作するためスプレッドシートを使用しています。)
1.スプレッドシートをExcelに変換を行い都道府県名を取得する。
2.PDF保存等の各変数を作成し、Chromiumにてスプレッドシート・yahoo地図検索を開く。
3.Chromiumにてyahoo地図検索より、各都道府県の地図を表示し「都道府県名.PDF」名にてリンクを設定する。
4.Chromiumにてスプレッドシートに式を設定する。
5.Chromiumにてスプレッドシート・yahoo地図検索を閉じ、スプレッドシートをExcelに出力する。

ロボット全体フロー

typeの作成

下図の様にtypeを作成を行い、ロボットに変数設定を行います。

1.スプレッドシートをExcelに変換を行い都道府県名を取得する。

(a)Googleスプレッドシート作成

「都道府県.xlsx」(都道府県.xlsxファイル)Googleスプレッドシートに変換を行い、リンクを共有を編集可に設定を行ます。

(b)変数の割当ステップの作成


ロボットを新規作成を行いExcel(シンプル)変数の追加後に変数の割り当てステップを作成し、スプレッドシートのURLを変数に設定します。

(c)変数の割当ステップの作成


スプレッドシートのURLを下図の順に変換を行い「・・・\edit#gid=番号」から「・・・\export?format=xlsx」に変換します。

(d)ページ読込ステップの作成


ページ読込ステップに前記(c)で変換した変数を設定します。

(e)ソース抽出・変数を開くステッブの作成


ウィンドウズビューの右下のアクションを選択を右クリックし、変数として開く⇒excelを選択し、(b)~(e)で作成したアクションステップは「スプレッドシートを開く」名を付けグループ化します。

(f)ループステップの作成


ウィンドウビューのExcelを全選択し右クリック⇒ループ⇒選択中の行をループ⇒最初の行を除外を選択します。

(g)セル値抽出テップの作成


ウィンドウビューのExcelのB2セルを選択後右クリックし、抽出⇒テキスト⇒変数を選択します。

(h)値判定テップの作成


値判定ステップのアクション・エラー処理を下図の通り設定し、(g)(h)作成したアクションステップは「データ有無判定」名を付けグループ化します。

2.PDF保存等の各変数を作成し、Chromiumにてスプレッドシート・yahoo地図検索を開く。

(a)変数の割当作成ステップの作成


変数の割当ステップにエクスプレッションを評価にてPDF名を設定します。(変数+>>.pdf<<)

(b)変数の割当作成ステップの作成


変数の割当ステップにPDF保存フォルダを設定します。

(c)変数の割当作成ステップの作成


変数の割当ステップにエクスプレッションを評価にてPDF保存パスを設定します。
(前記(b)変数+>>\<<+(a)変数)

(d)変数の割当作成ステップの作成


変数の割当ステップにyahoo地図検索URL(https://map.yahoo.co.jp/)を設定します。

(e)変数の割当作成ステップの作成


変数の割当ステップに下図の通り、都道府県名をパターンで置き換え((.*)[都|府|県]⇒いずれかが有れば削除)を行います。
(a)~(e)のアクションステップは「PDF保存パス等設定」名を付けグループ化します。

(f)イテレーション取得ステップの作成


イテレーション取得ステップに変数を設定します。

(g)変数の割当ステップの作成


変数の割当ステップにエクスプレッションを評価にて「変数+1」を設定します。

(h)変数の割当ステップの作成


スプレッドシートのURLを下図の順に変換を行い、URLに「&&range=セル位置」を追加します。
最後に(f)~(h)で作成したアクションステップは「スプレッドセル指定」名を付けグループ化します。
(今回の例は、スプレッドシートのB列の変数行に設定しています。)

(i)変数判定ステップの作成


トライステップを追加し、変数判定ステップを下図の通り設定します。(初回のみChromium Openステップを起動します。)

(j)Chromium Openの作成


※Chromiumの各ステップの全体フロー
Chromiumの各ステップの全体フロー(設定後は、ステップの処理が判る様に名前を変更します。)

(k)Chromiumの設定

Desktop Automationステップを作成し、入力値に変数を設定を行い編集を選択後オートメーションワークフローの左欄のInput変数を設定します。

(l)Openステップの作成


Openステップの設定し、yahoo地図URL変数を入力します。

(m)Openステップの作成


Openステップの設定し、スプレッドセル指定変数を入力します。

(n)Guarded Choiceステップの作成


Guarded Choiceステップの設定し、「10」を入力します。(10秒待機)

(Reternステップは何も設定しません。)

3.Chromiumにてyahoo地図検索より、各都道府県の地図を表示し「都道府県名.PDF」名にてリンクを設定する。

Chromiumの全体概要

各ステップを作成後にステップオーバーを選択しステップを進めながら作成します。

※Chromiumの各ステップの全体フロー

設定後は、ステップの処理が判る様に名前を変更します。

(a)Chromiumの設定

Desktop Automationステップを作成し、入力値に変数を設定を行い編集を選択後オートメーションワークフローの左欄のInput変数を設定します。

(b)Guarded Choiceステップ(3秒待機)の作成


Guarded Choiceステップの設定し、「3」を入力します。(3秒待機)

(c)Left Clickステップ(都道府県選択)の作成


都道府県の一番目を選択し、クリック⇒Leftを選択後、ステップオーバーをせずにステップの内容を修正します。
Application・Componentを下図の様に書き替え、Text Match(Regex)にチェックを入れ変数を設定します。(=の前の「^」は前方一致)

※以降のステップのApplicationは、「cef[title^=”Yahoo!地図”]」に設定します。
(複数の画面が有る場合は、操作する画面を特定します。)

(d)Left Clickステップ(地図選択)の作成


都道府県の横の[地図]を選択し、クリック⇒Leftを選択後、ステップの内容を修正します。
Applicationを変更しComponentを下図の様に書き替え、Text Match(Regex)にチェックを入れ地図を入力します。

(e)Left Clickステップ(地図拡大)の作成


地図が表示されたら拡大のメモリを選択し、クリック⇒Leftを選択後、Applicationを変更します。

(f)Guarded Choiceステップ(3秒待機)の作成


Guarded Choiceステップの設定し、「3」を入力します。(3秒待機)

(g)Left Clickステップ(全画面選択)の作成


地図の全画面表示ボタンを選択し、クリック⇒Leftを選択後、Applicationを変更します。

(h)Left Clickステップ(PDF選択)の作成


ウィンドウズビュー選択しの右上の「PDF」選択し、クリック⇒Leftを選択後、Applicationを変更します。

(i)Guarded Choiceステップ(3秒待機)の作成


Guarded Choiceステップの設定し、「3」を入力します。(3秒待機)

(j)Enter Textステップ(保存パス入力)の作成


File name欄を右クリックし、フィールドにテキストを入力⇒変数から⇒変数を設定後、Applicationを変更します。

(k)Left Clickステップ(保存選択)の作成


Saveを選択し、クリック⇒Leftを選択後、Applicationを変更します。

(l)Guarded Choiceステップ(3秒待機)の作成


Guarded Choiceステップの設定し、「3」を入力します。(3秒待機)

(m)Left Clickステップ(画面縮小選択)の作成


地図の画面縮小ボタンを選択しクリック⇒Leftを選択後、Applicationを変更します。

(n)Guarded Choiceステップ(3秒待機)の作成


Guarded Choiceステップの設定し、「3」を入力します。(3秒待機)

(o)Left Clickステップ(画面戻る選択)の作成


北海道の関連の地図を選択し、クリック⇒Leftを選択後、Applicationを変更します。
(Reternステップは何も設定しません。)

4.Chromiumにてスプレッドシートに式を設定する。

Chromimumの全体概要

各ステップを作成後にステップオーバーを選択しステップを進めながら作成します。

※Chromiumの各ステップの全体フロー


設定後は、ステップの処理が判る様に名前を変更します。

(a)Chromiumの設定

Desktop Automationステップを作成し、入力値に変数を設定を行い編集を選択後オートメーションワークフローの左欄のInput変数を設定します。

(b)Guarded Choiceステップ(3秒待機)の作成


Guarded Choiceステップの設定し、「3」を入力します。(3秒待機)

(c)Enter Textステップ(リンク式を設定)の作成


Enter Textステップを設定し、Applicationを「cef[title$=”Google スプレッドシート”]」に変更します。(=の前の「$」は後方一致)
また、Textの設定は次の通りに設定します。
DAでの文字列と変数のエクスプレッション設定方法
・文字列(固定値)は「””」で囲むが、変数や数値は「””」で囲まない
・「”」を文字列として扱いたい場合は、前に「¥」をつける。
・固定値と変数。もしくは変数と変数をつなげる場合は「+」をつける


今回は、Excel関数「=HYPERLINK(“リンク先”,”名前”)」をスプレットシートに設定します。
=HYPERLINK(“C:\Users\user\Desktop\PDF保存”,”北海道.pdf”)

↓ 上記設定方法に基づき変数を設定します。
“=HYPERLINK(\”+地図PDFf取得_1. PDF保存バス+ \”,\””+地図PDFf取得_1. PDF保存名+ “\”)”

※以降のステップのApplicationは、「cef[title$=”Google スプレッドシート”]」に設定します。
(複数の画面が有る場合は、操作する画面を特定します。)

(d)Guarded Choiceステップ(3秒待機)の作成


Guarded Choiceステップの設定し、「3」を入力します。(3秒待機)

(e)Press Keyステップ(Tab選択)の作成


Press Keyステップを設定し、Tabを選択後、Applicationを変更します。(カーソルをC列に移動します。)

(f)Guarded Choiceステップ(3秒待機)の作成


Guarded Choiceステップの設定し、「3」を入力します。(3秒待機)

(g)Press Keyステップ(Enter x 2選択)の作成


Press Keyステップを設定し、Enterを選択・Countを2を入力後、Applicationを変更します。(カーソルを次の行のB列に移動します。)

(h)Guarded Choiceステップ(画面遷移待ち)の作成


Guarded Choiceステップを「Tree Stops Changing」を選択し「500」を入力します。

(Reternステップは何も設定しません。)

5.Chromiumにてスプレッドシート・yahoo地図検索を閉じ、スプレッドシートをExcelに出力する。


※Chromiumの各ステップの全体フロー
Chromiumの各ステップの全体フロー(設定後は、ステップの処理が判る様に名前を変更します。)

(a)Chromiumの設定

ループステップの前にブランチ設定後Desktop Automationステップを作成し、入力値の変数は何も設定しません。

(b)Guarded Choiceステップ(3秒待機)の作成


Guarded Choiceステップの設定し、「3」を入力します。(3秒待機)

(c)Left Clickステップ(yahoo閉じる)の作成


ウィンドウズビューyahoo地図の閉じるボタンを右クリック、クリック⇒Leftを選択後、ステップオーバーをせずにステップのApplicationを修正します。

(d)Guarded Choiceステップ(3秒待機)の作成


Guarded Choiceステップの設定し、「3」を入力します。(3秒待機)

(e)Left Clickステップ(スプレッド閉じる)の作成


ウィンドウズビュースプレットシートの閉じるボタンを右クリック、クリック⇒Leftを選択します。
※Web画面が1つになったことより、Applicationの設定変更は不要です。
(Reternステップは何も設定しません。)

(f)スプレットシートを開く設定


前記項番1の(d)(c)で作成した3つのステップをコビーし貼り付けし、「スプレッドシートを開く」名を付けグループ化します。

(g)ファイル出力ステップの作成


ファイル出力ステップを設定し、ファイル名に出力するExcelパスを入力します。

※今回のロボットにより、スプレットシートのリンクから画像PDFを開くことはできません。(出力したExcelからは可能です。)スプレットシートから画像PDFのリンクを設定するには、画像をGoogleドライブに保存を行い、PDF画像のURLをリンク設定する必要があります。(DAでの設定)

以上にて完成です。

[目次]

Pin It on Pinterest

Share This