BizRobo!にてWeb画面の値の取得や、設定等を行うことが多いですよね。
タグの情報を変数に設定することにより、Web画面の操作を簡単に作成することができます。
今回は、DS、Chromiumエンジンを利用しWeb画面のタグに変数を設定し操作を行う手順を2回に分けて紹介いたします。

※このページの内容はBizRobo! Design Studio 10.4.0.1で確認しています。

作成するロボット

ロボット作業概要
気象庁の天気予報(URL:https://www.jma.go.jp/jp/yoho/)から、各府県の本日の天気を検索しExcelに転記する。

「①Web画面タグを変数で設定する方法」にて説明 ⇒本記事にて説明
DSにてWeb画面のタグ情報(府県名)を取得します。

「②Web画面タグを変数で設定する方法」にて説明⇒②の記事はこちら
ChromiumにてWeb画面タグを変数で設定し各府県の本日の天気を取得します。

typeの作成

下図の様にtypeを作成を行い、ロボットに変数設定を行います。

DSにてWeb画面のタグ情報(府県名)を取得するロボットの作成

1.新規Excelの作成と項目設定


Excel(シンプル)変数の追加を行い、追加した変数「excel」を開くステップ(Open Excel)を設定します。次に下記の図の通り各項目名をセルのコンテンツ設定ステップにて行います。(例:地域番号の設定)
最後に作成したアクションステップは「新規Excel項目設定」名を付けグループ化します。

2.ページ読込ステップの作成


ページ読込ステップを追加し、URL(https://www.jma.go.jp/jp/yoho/)を設定します。

3.ループステップの作成


前記ページ読込ステップにより、Web画面を開き
①府県の横の欄をクリックします。
②ソースビュー画面にて府県名が記載されているタブを探し先頭りタプをクリックします。(今回は「option」タブに府県名が順番に設定されています。)
③前記②のタプ右クリックしタブの繰り返しを設定します。
最後に作成されたループステップを選択し最初のタグ番号を「1」に変更します。(最初のタグに府県名が設定されていないため)

4.タグ属性の抽出


最初に府県名が設定されいるタグを選択し、右クリック後抽出⇒テキスト⇒変数(地域番号と地域名)を設定を行います。

5.出力項目Excel設定


①「exsel-Excel変数」タブを右クリックし、「現在のウィンドウとして選択」を選択します。
②ウィンドウズビューに表示されているExcelを全選択し右クリックし、修正⇒挿入⇒行⇒最後を選択します。
③Excelの2行目を全選択し右クリックし、修正⇒セット⇒行のコンテンツ⇒変数を選択します。
最後に①~③のステップをグループ化を行い「出力項目Excel設定」名に設定します。

6.ファィル出力ステップの作成


ループステップの前にブランチを設定し、ファイル出力ステップを設定します。

以上にて完成です。

「②Web画面タグを変数で設定する方法」はこちら

[目次]

Pin It on Pinterest

Share This