無料で使えるバージョン「Community Edition」を使って、A2019の環境構築手順を紹介します。「Community Edition」は、中小規模事業者、開発者または学生が利用可能(※1)です。
(※1)利用条件の詳細については、「Community Edition」のダウンロードサイトを参照してください。


[目次] [その1] [その2] [その3]

デバイスの初期設定

(その2)では、デバイスを初期設定する手順を紹介します。

(1)左側のメニューをクリックして[マイデバイス]を表示したら、右上の[ローカルデバイスを追加]をクリックします。



(2)[マイコンピューターに接続]をクリックすると、Bot Agentファイルのダウンロードが開始します。






(3)ダウンロードが完了したら、ファイルをダブルクリックします。



(4)インストールが完了するのを待ちます。







インストールが完了するとこの画面になります。(ブラウザにChromeを使うときの例で示します。)


(5)Automation Anywhere拡張機能を取得します。

Automation Anywhereを初めて使うときはこの操作が必要です。すでにAutomation Anywhere拡張機能を取得済の場合は、この操作は不要です。「(6)ブラウザの拡張機能を有効にします。」へ進みます。
[お困りですか?]をクリックします。



[Automation Anywhere 拡張機能を取得]をクリックします。



chromeウェブストアが開くので、[Chromeに追加]をクリックします。



[拡張機能を追加]をクリックします。



追加された旨のメッセージが表示したら、Chromeウェブストアのウィンドウを閉じます。「(8)初期設定完了」へ進みます。


(6)ブラウザの拡張機能を有効にします。(すでにAutomation Anywhere拡張機能を取得済の場合)




メニューから[拡張機能(E)]を選択します。



ON/OFFスイッチをONにします。





(7)[有効にしました]をクリックします。



(8)初期設定完了

自動的にデバイスへの接続を行って、デバイスのアイコンがチェックマークが付いた表示に変わります。



デバイスのアイコンにチェックマークが付いていない場合は、リフレッシュボタンをクリックしてみましょう。


以上でデバイスの初期設定は完了です。


【余談】

Bot Agentのインストールが完了したときの表示(上記(4)の表示)で、次の手順が「拡張機能を有効化」であることは分かりますが、初めてAutomation Anywhereをインストールする場合だと、拡張機能を取得していないので、「拡張機能を有効化」することはできません。『この後どうしたらいいの?』と誰もが思うはずなんです。まさか[お困りですか?]をクリックすればいいなんて思いつきませんでした。もう少し気付き易い表現の説明にして欲しいものです。


[目次] [その1] [その2] [その3]

Pin It on Pinterest

Share This