無料で使えるバージョン「Community Edition」を使って、A2019の環境構築手順を紹介します。「Community Edition」は、中小規模事業者、開発者または学生が利用可能(※1)です。
(※1)利用条件の詳細については、「Community Edition」のダウンロードサイトを参照してください。


[目次] [その1] [その2] [その3]

利用申請~アカウントの設定

(その1)では、利用申請からアカウントの設定までの手順を紹介します。

(1)ダウンロードサイトで必要事項を入力して[GET FREE COMMUNITY EDITION]ボタンをクリックします。



(2)要求が送信された旨のメッセージが表示するので、Automation Anywhereからのメールを待ちましょう。



(3)Welcomeメールが届いたら、「Control Room URL」を開きます。

Welcomeメールに記載の「ユーザー名」、「パスワード」を使ってControl Roomにログインします。



(4)パスワードを変更しておきましょう。

ユーザー名を表示している場所をクリックします。

操作メニューから[パスワードを変更]を選択します。

必要事項を入力して[変更を保存]をクリックします。

以上でアカウントの設定は完了です。


[目次] [その1] [その2] [その3]

Pin It on Pinterest

Share This