「Automation Anywhere A2019 操作エラー」では、操作エラーが発生した際に調査した内容を紹介します。

repository.file.delete.dependency(その1)

■現象

不要になったタスクを削除しようとしたところ、『このボットを削除するには、依存関係を削除してもう一度お試しください。エラー コード:repository.file.delete.dependency』というエラーになって削除できません。






■原因

削除しようとしたタスクは、他のタスクから「Run」アクションで呼び出しているタスクでした。


■対策

当該タスクを呼び出しているタスクを削除しました。


【補足】

今回の例では、タスクを削除しましたが、「Run」アクションで呼び出すタスクを取り違えて設定しているケースも考えられます。その場合は、「Run」アクションで呼び出すタスクを変更しましょう。

repository.file.delete.dependency(その2)

■現象

Control Roomにアップロードしていたスクリプトファイルが不要になったので削除しようとしたところ、『このボットを削除するには、依存関係を削除してもう一度お試しください。エラー コード:repository.file.delete.dependency』というエラーになって削除できません。






■原因

削除しようとしたスクリプトは、ファイルのパスをファイル型変数に設定していました。



■対策

ファイルのパスを設定しているファイル型変数を削除しました。


【余談】

『少なくとも1つのボットで、ファイル型変数の設定情報がこのスクリプトに依存しているため削除できません』という操作エラーメッセージだったら理解できるんですがねー。(一一”)


[目次]

Pin It on Pinterest

Share This