開発環境を変更するときの学習コストは、できるだけ抑えたいものです。「Automation Anywhere 開発環境をV11からA2019に変えるときの心構え」では、これまでV11の開発環境を使っていた筆者が、A2019を使い始めて気付いた事を中心に説明しています。

バージョンの確認方法

■V11の場合

Clientのメニューバーで[ヘルプ]-[Automation Anywhere Enterprise Clientについて]の順で選択します。






■A2019の場合

右上の[?]ボタンをクリックすると表示します。


[目次]

Pin It on Pinterest

Share This