開発環境を変更するときの学習コストは、できるだけ抑えたいものです。「Automation Anywhere 開発環境をV11からA2019に変えるときの心構え」では、これまでV11の開発環境を使っていた筆者が、A2019を使い始めて気付いた事を中心に説明しています。

CSV/TEXT

V11では、「Read From CSV/TEXT」にファイルを「開く」や「閉じる」という概念が無く、ただ「読み取る」ことができるコマンドとして存在していました。A2019になって、ファイルを「開く」、「読み取る」、「閉じる」という手順が必要になっています。
V11でも、Excelのシートを読み取る場合には、ファイルを「開く」、「読み取る」、「閉じる」という手順が必要なので、これと比べて「Read From CSV/TEXT」には違和感がありました。A2019になって、ファイルの処理に関して統一感が出たと思います。

■V11の場合

Read From CSV/TEXT


■A2019の場合

CSV/TXT


[目次]

Pin It on Pinterest

Share This