開発環境を変更するときの学習コストは、できるだけ抑えたいものです。「Automation Anywhere 開発環境をV11からA2019に変えるときの心構え」では、これまでV11の開発環境を使っていた筆者が、A2019を使い始めて気付いた事を中心に説明しています。

レコーダーの開始ボタン

初めてA2019を触る時は、『[記録]ボタンが無くなった!』と慌ててしまうかもしれません。画面全体のスタイルが淡いトーンに統一されたことで、[記録]ボタンが見付けづらくなっています。

■V11の場合

Workbenchの左上の目立つ場所に[記録]ボタンがあります。



■A2019の場合

アクション表示領域の左上にある、ビデオカメラをイメージしたアイコンが[記録]ボタンです。


[目次]

Pin It on Pinterest

Share This