開発環境を変更するときの学習コストは、できるだけ抑えたいものです。「Automation Anywhere 開発環境をV11からA2019に変えるときの心構え」では、これまでV11の開発環境を使っていた筆者が、A2019を使い始めて気付いた事を中心に説明しています。

V11コマンドとA2019パッケージの対応表

『V11のあのコマンドは、A2019では何処にあるの?』という疑問に応えてくれる資料が見つからなかったので、目視確認しながら整理してみました。2020/2/14時点で筆者が目視確認した内容であり、確認漏れなどの原因で事実と異なる場合はご容赦願います。(※1)A2019パッケージ欄が「-」になっている箇所は、対応するアクションが見つかっていないものです。

対応関係の詳細は、A2019ドキュメント「Package mapping for migration」をご確認ください。(2020/3/9追記)

項番 V11コマンド A2019パッケージ(※1)
1
2
3
4 クリップボード
5 Comment
6 データベース
7 遅延
8 Eメール
9 Error handler
10 Excelの基本操作
Excelの高度な操作
【関連情報】
Excelの読み取りの際にユーザー変数が必要
「Excelの高度な操作」パッケージの使用例
11 ファイル
フォルダー
12 FTP/SFTP
13 If
14 Image Recognition
15 キーストロークのシミュレーション
16 マウス
17 マウス
18 マウス
19
20 IQ Bot
21 ブラウザ
22 ファイルに記録
23 ループ
【関連情報】
Loopコマンドのメニューがスッキリ
24
25 メッセージボックス
26 レコーダー
【関連情報】
Object Cloningはどこにいった
27 OCR
28 アプリケーション
29 PDF
30 FGP
31 サウンドを再生
32
33 プロンプト
34 CSV/TXT
【関連情報】
CSV/TEXTはこう変わった
35 REST Web サービス
36 VBScript
JavaScript
【関連情報】
「My Scripts」フォルダはどこにいった
37 SAP
38 スクリーン
39 Eメール
40
41 SNMP
42 SOAP Web Service
43 文字列
44 System
45 Task Bot
【関連情報】
タスク間で値の受け渡しはどうやるの?
46 ターミナルエミュレータ
47
【関連情報】
Variable Operationが無い
48 待機
49
50 ウィンドウ
51
52 XML
53 Step
【関連情報】
Stepでグループ化して処理の流れを見える化する

[目次]

Pin It on Pinterest

Share This